使わなくなったカメラ

時代と共に形を変えてきたものは多くありますが、中でも昨今その変わり様が激しいのはカメラではないでしょうか。昔のように大型のカメラは少なくなり、コンパクトなデジタルカメラが主流になってきました。また、中には携帯電話に付属しているカメラでも十分な画質で撮影ができるため、そちらに移行したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こうした時、使わなくなった昔のカメラというのはそのまま置いておくのは勿体無いものです。もちろん、比較的新しいカメラであったとしても、新しいカメラを購入した際には使わなくなってしまいます。こういったカメラに関しては、買取業者に依頼して買い取ってもらうのも1つの方法となるでしょう。それでは、実際にカメラの買取を依頼する場合、どの程度の価格になるものなのでしょうか。

カメラの買取価格は、大きく2つ要素によって左右されます。1つはカメラの状態です。そのカメラがいつ作られたものであるのか、現在でも正常に動くのか、手入れの状態はどうなのか、というような要素です。これらが十分に満たされていない場合、買取自体ができないということもありえます。もうひとつは買取業者による違いです。同じカメラを買取に出す場合であっても、利用する買取業者によって買取額が大きく変わってしまう可能性は十分考えられます。また、カメラの買取業者によってはジャンク品や付属品のないカメラを買い取ってもらえることもあります
このサイトでは、カメラの状態と業者による買取額の違いを中心に紹介していきます。